設計前に気軽な打ち合わせ

私たち(株)アイジェクトは試作コストの削減をお手伝いします。図面を頂き、加工するまでの間に、設計担当の方との入念な打ち合わせを行います。

通常、この間の打ち合わせは表面的な話で終わるものですが、私たちは、違います。本質的な部分、「この製品にとっての価値はなんなのか」という部分まで共有しながら、図面に対する理解を深めていきます。そのような打ち合わせをすることで、試作段階における製品の手戻り、加工後の設計変更が極めて少なくなります。図面どおりに加工できない、図面どおり加工したが他の部品との整合性がとれない、などといった不具合が発生しないのです。


4-2-1

加工後、無電解Niメッキ処理を行い
溶接部分・内面をEL加工で表面のメッキ層を切削しています。

サイズ  Φ253
材 質  クローム銅


4-2-2

球面部3次元加工電子ビームが反射する為(鏡面) クランプ方法・加工がすごく難しいです!

サイズ  13×10×30
表面処理  Auメッキ5μ
材 質  リン青銅


toiawase2